ギフテッド理事、親方


ギフテッドの理事、宮腰一樹くんをご紹介します。


一般企業に勤務。車の免許は、埼玉の障がい者を受け入れているスクールで取得。 20歳のころから、障がい者の余暇活動グループ、ナディアの会のリーダーを2021年春までやっていました。


 そんな宮腰くんは、33歳の時に、バリアフリーマップWheelogのバリアフリー情報を集める街歩き活動をきっかけに、車椅子で、ひとりで東京へ出かけるようになり、Wheelogのアプリを利用して京都ひとり旅にも挑戦することができました。

(このアプリは、一般の方々からのバリアフリー情報が必要だそうです。ぜひ、皆さんもアプリを利用してバリアフリーを考えるきっかけにされてみてください。)


今は、コロナ禍で旅に出ることができなくなったってことで、休日の土曜日はいつもSoraへ来て、子どもたちと一緒に遊んでくれています。ここでの愛称は「親方」です

ギフテッドは、理事長、寺尾と宮腰くんとの出会いから始まりました。親方〜いつもありがとう。

81回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示