居宅訪問型児童発達支援をスタートいたします。



「居宅訪問型児童発達支援」のサービスを7月1日よりスタートさせていただきました。

1歳未満や、重症度が高く通うことにリスクがある重症心身障害児や医療的ケア児が、通所に向けた前段階として、ご利用いただくことができます。


Soraができてから、どうしても受け入れが難しく、断らなくてはならないケースがある中で

なんとか協力できることはないかと模索した結果、立ち上げることを決めさせていただきました。


また、この事業を始めるにあたり、障害児童施設経験のある看護師を配置しなければならない中、『赤い羽根共同募金』様のご協力のお蔭様で、7月から看護師2名の配置をすることができました。本当にありがとうございます。


NPO法人ギフテッドは、これからも共生社会に向けた具体的実践活動をしていきます。

今後とも、どうぞご支援ご協力をお願いいたします。



閲覧数:91回0件のコメント

最新記事

すべて表示